(Playstation2)真・三國無双3

Standard

個人的には一番好きな無双無双シリーズなんてどれもいっしょでしょと言われそうだがけっこう微妙にバランスが異なっている。
その中でも3はかなり異色である。
個人的に好評価なのはステージがおもしろかったからである。
1はレベルがあがるまでは非常に難しく、地味なゲームだったゆっくりと進軍し、仲間を連れていくと言ったほうが正しいだろうか30分かけてボスにたどりつくw
まともに戦うと瞬殺なのでわらわらいる仲間のまん中でおぼれているボスに弓を撃つゲームだった。
2は爽快感を前面に押し出し、簡単にバッサリを楽しめるようになったが結局ただ、敵めがけ突進するプチプチ潰しのような作業と化した敵の量を増やしたせいで、処理落ちw
見えない敵からのステルスアタックも問題だった。
3は1のように、戦略的にしたいと言うのか伺える
ステージのイベントを増やし、多少おつかい要素ができた、これが実にいいアクセントだった
処理落ちをふせぐだめ、敵の数を減らし固くし、ただのやられるのを待つのではなく
いやらしい攻撃もするようになった、これらは不評である、なぜだろう・・・この後、3猛将伝は2のバッサリ感に戻るが、気に入らなかった。
保護者失格 無料立ち読み http://www.mms2013.org/

のんびりとできるゲームをしたい

Standard

ここ最近対戦型のアクションやシューティングゲームなど、反射神経やら気を使うゲームばっかりやっていたので、なんだか疲れてきてしまいました。
こういう時にうってつけの、すごくのんびりとできるゲームって、何かありませんかね。
パソコンで放置ゲーをしてみるというのも、放置という割りに指令を出したりとか、撤退するタイミングを見計らわないといけなくて、案外忙しかったりしますし。

うーむ、箱庭ゲームに部類されるようなゲームならいいんでしょうか。
でもあれはあれで、やらないといけないことも結構ありそうですよね。
シムシティとかは、道路引いて建物建てて公害対策してで、前やったときには結構な忙しさでしたし。

放置ゲーと箱庭ゲーが合わさったようなゲームがあったら、こういう時にぴったりですかね。
最低限命令というか方針を出したら、ゲーム内のNPC住人が力を合わせて町を発展させる的な。
探せばこういうのももうありそうな気はしますけど、なにかありますかねえ。

無料 エロゲー http://www.sbirla.org/

一本で何度もおいしいPSPのシューティングゲーム移植タイトル集

Standard

今回はPSPでリリースされたシューティングゲームの移植セットタイトルを御紹介致します。
どれも1本の中に2~7タイトル入っており、一粒で二度美味しいを超えるボリュームをもつタイトルです。

1.グラディウスポータブル
グラディウス1~4、外伝を収録しており、クイックセーブ&ロードを標準搭載していてビギナーにも優しい1本です。

2.極魔界村改
極魔界村、極魔界村改の2本立て。極魔界村改には3種類の難易度が用意されており、初心者から玄人まで楽しめます。

3.ツインビーポータブル
ポップなキャラクターが活躍する縦スクロールシューティング。こちらも5本立てです。

4.沙羅曼蛇ポータブル
1作目、2作目、その他2作とグラディウス2パワーアップアレンジバージョンを収録しています。
アーケード筐体では初のステレオ音声に対応したりとグラディウスと比べて工夫の多い派生作品ともいえます。

5.パロディウスポータブル
パロディウス5作品を搭載しています。
基本システムはグラディウスと同様のシューティングゲームですが、どちらかといえば軽いノリとやや高めの難易度が合わさっています。

6.メタルスラッグコンプリート
メタルスラッグ1~6、Xを収録しており、セットもののタイトルとしては最大級のボリュームを誇ります。
各作品とも難易度は高めですので、それぞれをクリアしていってもそれなりの時間を要します。

7.ソルジャーコレクション
PCエンジンベストコレクションのうちの一本です。
高橋名人が内に外にと活躍していた時代のシューティングゲームで、おもにスコアアタックを中心としたシステム構築がなされているシューティングゲームです。

どれも数年分のリリースを凝縮してありますので、時代の流れを感じつつじっくり楽しめる出来に仕上がっています。
特に横スクロールのものは解像度からPSPと相性が非常に良いので画面も見やすくオススメです。

NARUTO4のゲームは面白いです

Standard

GAME CUBEのためのゲーム「NARUTO 激闘忍者大戦!4」は、キャラクターが豊富で、いろいろなキャラクターの組み合わせで対戦が楽しめるのでとてもいいと思います。キャラクターの絵もかっこいいし、動きもかっこいいです。それぞれのキャラクターの持ち技をうまく発揮しあって、対戦を楽しむことができます。ナルトとサスケの対戦は定番ですが、その他にも我愛羅とかネジとかロック・リー、シカマル、大蛇丸、サクラ、はたけカカシ、イタチなど、キャラクターは盛りだくさんで、好きなキャラクターを選べるのが魅力ですね。イタチとサスケの兄弟決戦は、漫画のほうではクライマックスに出てきますけれども、ゲームで再現できるのは嬉しいところです。月読とか天照とかスサノオといったかっこいい技も使えますし、自分がその技を使っているような気分になれます。漫画の原作ではサスケが勝ちましたが、ゲームならばイタチが勝つということもあり得るわけで、そういう楽しみもありますね。

元祖ともいえるFPS-DOOM3 BFG EDITION-

Standard

このタイトルはPS3とXBOX360にてリリースされたFPSで、過去のDOOM1、2も同時に収録しているというものです。
DOOM3単体であればPC版にもあったものの日本語マニュアル英語版しかなかった為に知名度はそれほど高くなかったものと思われます。
シナリオや舞台そのものはややホラー気味であり、薄暗い空間をライトを照らしながら進むこととなります。
難易度そのものはノーマル難度であればそれほど高くはなく、他の作品のキャンペーンをノーマルでクリアできる程度の技量があれば問題なくクリアできます。
また、BFGエディションには追加シナリオの拡張パックも同梱されているため、一般的なFPS1本分をクリアした後に更に遊べるだけのボリュームがある点は特筆すべきところでしょう。
過去作のDOOM1、2については拡大・縮小機能をフルに活用した疑似3Dによる表現の為か現代の技術から比較すると見劣りはするものの、操作感に慣れてしまえばそれなりに遊べるので、元祖ともいえるFPSを試してみたい方にオススメです。

爆弾パズルアクションゲーム・ボンバーマン

Standard

1985年ファミリーコンピュータから「ボンバーマン」が発売されました。当初「爆弾男」と「ボンバーマン」どちらのネーミングにするか迷っていたが、爆弾事件が発生したためボンバーマンに決定したそうです。ボンバーマンは爆弾を設置して敵を倒していくアクションゲームです。わかりやすいゲーム性であることから大ヒットゲームとなりました。 Continue reading

シューティングゲームの名作「グラディウス」

Standard

グラディウスは1986年ファミリーコンピュータに登場したシューティングゲーム。すでに人気があったアーケードゲーム「グラディウス」の移植作品ということで、ファミコン用ソフトとして登場すると一気に人気ゲームとなります。コナミコマンドと呼ばれるゲームの裏技「ポーズを押して、上上下下左右左右BA」を順番に押して行くと自機がパワーアップした状態でゲームをすることができます。グラディウスは、自機の分身であるオプションによる攻撃が特徴的であり、その後のシューティングゲームに大きな影響を与えています。

コナミの代表作となったグラディウスは、次々と派生作品を登場させていきます。グラディウスのパロディーゲーム「パロディウス」、グラディウスの続編「沙羅曼蛇(サラマンダ )」、グラディウスシリーズの3Dゲーム「ソーラーアサルト」などの派生作品が登場しています。グラディウスは、 プレイステーション、Wii、ニンテンドー3DS、携帯電話など、様々なプラットホームから登場しており、現在でもコアなファンが多いゲームの1つとなっています。

昔やったゲーム(サンドラの大冒険)

Standard

「サンドラの大冒険 ワルキューレとの出逢い」とはスーパーファミコンで発売されたゲームです。
このゲームは「ワルキューレ」シリーズのひとつらしいです。
そんな事を知らない当時幼かった私ですが、値段が安いというだけで、購入しました。

横スクロール型のアクションゲームなのですが
いいところは、一度敵に接触するだけで倒されてしまうところです。
そして、これは某有名ゲームにあるような「無敵モード」や「一度まで当たってもOKなアイテム」などの例外はないのです。

これを作りこみが甘いと捉える方もいるかもしれませんが、私はそうは思わず、
このおかげで絶妙なバランスで成り立っていると思います。

何度も同じ面を繰り返すことになるのですが、それでも飽きは来ません。

またアクションも少し変わっており、農作業用のクワ?のようなものを前に突き出して
敵をグサッと刺して倒すのが基本。(グロテスクではないです。)
その他、兜割りのようにジャンプしてクワを下向きにグサッ、クワを口に咥えて突っ込んでグサッ。
グサグサ書いてますが、アクションはそれだけです。

しつこいようですが、単純な操作が故に、幼い私にはヒットしたんだと思います。

プリティーリズム・ミニスカート

Standard

アーケードゲームの女の子のゲームで
革命を起こしたと思われる機体です。
一番最初に何か凄いと気がつくか。
それは、画面の大きさとグラフィックです!
今までの女児ターゲットのゲームは
昔のブラウン管のような小ぶりな画面に
いつの時代のポリゴンですか?と
つっこみたくなるようなバキバキとしたCGでした。

プリリズはその全部をぶっこわしました。
大画面の液晶に美麗すぎるCG。
カメラアクションもグルグルまわるし音も綺麗。
内容もフィギュアスケートだけど
魔法的要素も加わり見た目もすごい!
空中にあらわれた螺旋の鍵盤をすべったり
お花のエフェクトが急に周囲を覆いだしたり
格ゲーの超必殺技のような派手さが見事です。

そして何といっても最大の魅力は
データカードダス系のゲームなのに
データの読み込みはカードではないという事。
プリズムストーンというハートのかたちのストーンで
表面は宝石のカットのようなハート型で裏は平らになっており、
そこに洋服やアクセサリー等のデータがプリントされてます。

収納や保管に場所をとったりするかもしれませんが
女の子たちにしてみれば、
こんな可愛いストーンを集めるんだから
垂涎物ではないでしょうか。
カード主体の今までの歴史を全部ひっくり返した
物凄いゲームだと思います。

いつもいつもからっぽです

Standard

我が家の周りで最近はやっているおもちゃは
妖怪ウオッチの「妖怪メダル」でしょうか。

はやっている、とはいっても、実はまだ持っていないのです。

なぜなら、この妖怪メダル、ガチャガチャで出るようなのですが
(普通にお店で買えるところもあるようですが、うちの地域には今のところなさそうです。)
いつ、どこのお店のガチャを見ても、見事に「からっぽ」だからなんです。 Continue reading